• トップ /
  • 流行りのデザイン北欧家具

日本人にも好まれる家具デザイン

インテリアの世界でも流行り廃りのサイクルが早まる傾向にありますが、北欧風インテリアの人気は一過性のものではなく、定番の域に達した感があります。家具デザインの分野でも、流行りの主流はやはり北欧風で、本場から直輸入された、いわゆる北欧デザイナーズ家具が人気を博しています。北欧家具は、全体的に天然木の質感を生かしたデザインで、ヨーロッパのアンティーク家具に見られるようなデコラティブな雰囲気はあまり見られず、素朴な温かみを帯びた製品が多いのが特徴です。木材そのものが持つ味わいが感じられるシンプルなデザインは、和の空間との相性も良く、日本人の感性にしっくり合うという点も、ブームからの定番化を果たした一因とも考えられます。家具は洋服と違って流行りのサイクルが緩やかとは言え、その時代のトレンドも多少は加わりますので、基本デザインがシンプルということで、ファブリック類を変化させるなどの工夫で印象を大きく変えることもできる北欧風の製品は、インテリアへのこだわりが強い人ほど、アレンジが楽しめるぶん重宝という面もあります。全体の傾向として、ローテーブルやローソファ、ベッドもロータイプが主流であることから、室内全体を広々と演出できる点も、人気ポイントの一つです。

バックナンバー

家具の基礎情報

↑PAGE TOP